ホーム
ワイン造り
創塾(つくる)
茶遊庵
充実人生コンサート
出会いと食のプロデュース
愛酵会
紅茶倶楽部
ゴルフ部
社会起業・NPO活動







 

紅茶アンバサダー 源 直美

~楽しい食卓のコーディネーター~


ダージリンセカンドフラッシュ・ オンライン試飲会2020
愛酵会・紅茶倶楽部共催 顔合わせ忘年会


JJCの紅茶造りは、紅茶のシャンパンとの呼び声も高い、インドのダージリン地区の有機農園から茶葉を取り寄せます。そして、JJCのプライベートパッケージにあなたのお名前を入れオリジナルの紅茶を楽しむ活動です。また、美味しい紅茶の淹れ方や楽しみ方を学びながら交歓できる場も企画します。


私は小学生の頃から紅茶が大好き。朝は必ず紅茶を飲んでから登校していたほどです。ワインも含めて嗜好飲料に目がありません。コーヒーもよく飲みますが、美味しい紅茶に出会ったときには「むむ代えがたし・・」といつも感動してしまいます。(特にダージリンのシャープさとクリアな味にはうるうるなります)


ダージリン紅茶と私の出会いはドイツです。ドイツのハンブルグに行った折、街でかわいいお茶のお店を見つけました。店内には中国茶や日本の緑茶、ハーブティーなどありとあらゆるティーが置いてありましたが、なぜかダージリン「ファーストフラッシュ」という文字が突然目に飛び込んできて、魅かれるままに購入しました。帰国してから一口飲んだ時のあの感動は、いまだに忘れることができません。ドイツを訪れたのがダージリンのファーストフラッシュ出荷時期と重なる5月だったこともあり、美味しさが倍増されていたこともあったかもしれません。が、とにかくこの出会い以降、私にとって毎年5月は、11月のアールヌーボーの到着と同じくらい、わくわくする時期なのです。


私の人生において食にはかなり力を入れていて、テーブルコーディネーターのディプロマを取得してからは、食卓の雰囲気にも特に気を遣うようになりました。(食事の印象は視覚情報に80%も左右されるそうです)
「日々の食卓を気軽に楽しむ」ことをモットーに、ティーブレーク、ランチ、ディナーすべてにおいて、コミュニケーションが弾むような演出を続けていきたいと思っています。

職場や家庭でコーヒーを飲む機会は多くても、リーフの紅茶を淹れるとなると「面倒くさそう」とか「専用の器具が必要?」などとついつい構えがちですが、本当はコーヒーと同様にとても手軽に楽しめるのです。ティーポットとカップがあれば、至福の時間を作ることができます。お気に入りの紅茶でコミュニケーションしながら、あわただしい日々の中、ホッとした時間をご一緒に楽しみませんか?


© Copyright JUJITSU JINSEI CLUB .