【JJC通信】オンラインにて<出会いました> No.16 

出会いと食のプロデュースの開発です。


前回のJJC通信No.15で募りました、
オンラインワイン会を実施しました。


楽しかったので、忘れないうちにご紹介します。


※zoomで写真を撮らなかったことを、
今思い出しました。


楽しそうな様子は頭に思い浮かべて頂きますよう
お願いします!


今回は初回ということもあり画面越しに
味わいや香りを共有するので、
分かりやすい(と考えた)ワインを指定し、
参加者各自でご準備頂きました。


「分かりやすいワイン」のイメージ

・抜栓したらすぐに味も香りも開く
・その品種の特徴がしっかり出ている
・味と香りのボリュームがあり、
 それが長時間継続する
・購入する際に探しやすい
(有名・大量生産メーカー)


これのイメージだとニューワールドの
ワインしかない!と思ったのですが、
伊藤さんご夫妻より「ニューワールドって
どこのこと?」とご質問があり、
南北アメリカ大陸、オセアニア等と
お答えしたのですが、正確には
フランス・イタリア・ドイツなどの
ワイン生産国旧世界以外全てを指すようです。


結果的に選んだのが以下の2種類です。


本当に分かりやすかったかというとそうでもなく、
「品種のイメージと違う」「探すの大変だった」
というご意見もありまして、勉強になりました。


白ワイン ウルフブラス・イエローラベル・シャルドネ
(“WOLF BLASS YELLOW LABEL Chardonnay”)



赤ワイン ロバート・モンダヴィ
ウッドブリッジ・カベルネ・ソーヴィニヨン /
ロバート・モンダヴィ
(Rbert Mondavi Cabernet Sauvignon)



テイスティングの会ですので、皆さんから
ワインから受けたイメージを、それぞれ
コメントして頂きました。


心象風景あり、アロマの香りあり、
ブーケの香りあり、よく合う食べ物の提案あり、
飲みやすいね、とのご感想あり、
でとても面白かったです。


また、飲んでいるうちに「どこでワインを買うか」
「美味しかったワイン」「日本のワイン」
の話になり、皆さんが使っている・知っている
ワインサイトを紹介戴いたりして、
ワインの愉しみがまた一つ増えた気がします。


好評につき、2回目も実施する可能性が高いです。


もしご興味を持たれましたら、次回はぜひとも
ご参加いただければと思います^^。


出会いと食のプロデューサー
開発香織

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です