【JJC通信】スマホでできるマネー力アップの方法 

皆さまこんにちは!

JJC元パートナーの野川貴之です。

前回パートナーの伊藤誠さんが
「充実人生のお金と心と体」について
とても興味深いお話をしてくださいました。

前回少し予告しました通り、私からは
身近なお金に関するスマホを使った
便利なサービスについてご紹介いたします。

最初に質問ですが、最近皆さんが銀行の
店舗に行かれたのはいつでしょうか?

「先週行ったよ」という方もいれば
「最近行ってないな」と思われた方も
いると思います。

現在ほとんどの銀行は専用の
スマホアプリを持っているので、
アプリを利用すれば、わざわざ残高確認や
通帳記帳のために店舗に出かけたり、
ATMを利用する必要もありません。

また、少額の決済ならSUICAやPASMOなど
交通系カードを使った電子マネー決済を
利用されている方も多いと思います

一方、友人と会食をしたり、大人数で
懇親会があって居酒屋を利用した
場合などは個人間送金アプリが便利です。

例えばLINEが提供しているLINEペイを
利用すれば、同じくLINEペイを
利用している友達に手数料無料でアプリで
1円単位でお金を送ることができます。

お金の請求ももちろん可能です。

出金する場合は200円がかかりますが、
LINEペイが利用できるコンビニ(ローソン)や
居酒屋(はなの舞など)店舗を利用すれば
ほとんど出金も要らないはずです。

ポイントも貯まります。
ほかにKYASHやPAYMOなどのサービスが
あります。

さて、節約のためには毎月の収支管理を
することはとても大切なことですが、
家計簿をつけるのは面倒で。。という方には
家計簿アプリが便利です。

例えばマネーフォワードを使えば、
毎月の自身の収入と支出のバランス、
カードや電子マネー、ポイントなどの
使用履歴や明細、さらにタンス預金や
複数の銀行口座、証券などの資産まで
まとめて管理することが可能です。

クレジットカードの専用サイトでIDと
パスワードを入れていくら使ったを
わざわざ確認することもありません。

凄いのは自身のプロフィールを入れれば、
例えば同じ属性の世帯の食費や娯楽費に
比べて自分が多いのか少ないのか、
予算管理、家計診断までついてしてくれます。

他にマネーツリーやZAIMなどのアプリがあります。

スマホの普及とフィンテックサービス
によって、株式投資や住宅ローン、
銀行の口座開設までアプリでできるようになり、
私たちの生活は大変便利になりました。

お隣の中国ではQRコードを使った決済が
日常化していますし、個人の信用を
点数化して、お金を借りる場合の利率や
海外のビザが申請しやすくなる
サービスもあり、キャッシュレス化の
先進国として日本社会にも影響を
与えつつあります。

そもそも貨幣って何のためにあるの?
という原点に帰るともっと様々なことが
見えてきそうです。

お金に関する便利なアプリをスマートに
活用してマネー力を高め、よりよい
充実人生を楽しみましょう。

Your life does not end when you hit a brick wall,
no matter how hard it may be.

野川 貴之 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です