【JJC通信特別編】★緊急告知★ 11/17(土) お願い!熱海に来て!! 

こんにちは。伊藤誠です。

11/17土曜日、
第6回充実人生コンサートを
初めて熱海で行います。

熱海自然の郷コンサート
-第6回充実人生コンサート-


伊藤夫婦が熱海に移住して早3年になります。

場所は熱海自然郷という広大な別荘地帯、
我が家から最寄のコンビニまで車で
15分かかる山の中です。

ここは、あのコマツが30年ぐらい前に
開発した所です。

当時はプールあり、レンストランあり、
ゴルフ練習所ありという所だった
ようですが、今はすべて
なくなっているとのことです。。

多分人が集まらず、
採算がとれなかったのでしょう。

残っているのは、テニスコートぐらいです。

別荘というとお金持ちと連想しがちですが、
今の日本の別荘地事情は昔と異なり、
熱海の中古別荘平均価格は
500万円ともいわれています。

それでもまだ熱海はまだ良いほうで、
日本全国では、手放したいが
買い手がつかない、というのが
日本の別荘地の実情です。

それでは、なぜこのように
なってしまったのでしょうか。

バブルが崩壊したのも大きな理由だと
思いますが、私は別荘地内の
コミュニティがないことも
大きな理由の1つではないかと
思っています。

別荘地は定住している人が約2割と
いわれてます。

そもそも8割の人が年に数回
訪れるだけで隣近所に関心がありません。

コマツの子会社が別荘地の管理を
今年の3月まで行っていましたが、
別荘地内のコミュニティには関心が
なかったと最後の住民への挨拶で
正直に言っていました。

このコマツの子会社株式を全株買い取り、
熱海自然郷の管理に名乗りを上げたのが、
㈱エンゼルフォレストという
グループ会社です。

この会社はおもしろい会社で
日本の別荘地の管理を買い取り、
別荘地を活性化させたい。

しかもハード面ではなく、
コミュニティやサークルなどの
ソフト面に力を入れたいとのことでした。

熱海自然郷は6つめの
別荘地の管理買取とのことです。

㈱エンゼルフォレストは手始めに
別荘地内で行ってほしいことについて
アンケートを取りました。

「何も行わないで良い」が
ダントツしたが・・・・、

行ってほしい上位3つが、
バーベキュー、山菜取り、
ミニコンサートでした。

そこで、充実人生クラブは、
充実人生コンサートの安納さん、
福井さん達の力強いご協力を得て、
㈱エンゼルフォレストにミニコンサートの
実施を提案したのです。

そして、AFSからも是非応援したいので、
コンサートをやってほしいとの
返事を頂き今回のコンサートが
実現することになりました。

★★伊藤誠の想い★★

子どもの頃、誰にも「こうなりたい」と
描いた夢があります。

大人になっても「こうなりたい」
という夢や目標を誰もがもち続け、
実現していく世の中にしたいと思っています。

大人の部活です。

一人ではできない将棋とかスポーツ、
オーケストラのような活動があります。

一人でできる芸術や趣味もありますが、
発表・鑑賞の場があったら
いいのではないでしょうか。

そしてどんな人々に共通しているのは
食べ飲み語り合うことです。

それにはコミュニティがあり
人々が集える場が必要です

熱海自然郷に移り住んだ大きな理由の一つが
開放感溢れる大自然の中にそんな場を
つくれたら・・という想いでした

都内にも行政が提供してくれている
立派な施設がありますが
様々な制約があります。

熱海自然郷が別荘地内の人々にとっての
理想郷になるのと同時に
都会の生活や仕事を楽しむ人々が、
ホッと羽を休め、のびのびと
リラックスして大好きな活動のために
集う場をつくりたい

実はそんな想いを胸に秘めて、
今回の行動に至りました。

★★★★★★★★★★

さて、集客のため、別荘地のあちこちに
「熱海自然の郷コンサート
(第6回充実人生コンサート)」の
パンフレットを貼ってもらうも
そちらからの反応は今までのところ1人だけ。

その1人にお会いしてみると、
奥さんがハワイ在住30年の後、
日本でフラダンスを教えていて、
ご自身も芸能活動一筋数十年とのことで、
南熱海ケイキフラフェスティバル
プロデュースや司会などをされている方でした。

この77才のおじいさん(に見える)が、
毎週水曜日にナマバンドでカラオケを
やっていると誘ってくれました。

そこのバン・マスを
紹介してくれるとのことです。

(バン・マスって何?と聞いてみて、
バンド・マスターでバンドの
リーダーであることを
私は初めて知りました。)

ジーバーズといって、地元新聞や
メディアでも取り上げられている方々でした。

この中村さんにお会いしたのが
水曜日の午前で、午後には
ナマバンドカラオケに行ってみることに。

そこがとんでもないところで、
路上の賃貸物件を借りて、
70才前後の昔で言えばおじいちゃん、
おばあちゃん達がキーボード、ドラム、
ギター、ベースをアンプでガンガン
鳴らして生演奏カラオケです。

外にガンガン響いて通りがかり
観光客が不思議そうにのぞいて通ります。

防音をしていると、なんと生卵の
紙パックを壁じゅうに張り巡らしてあります。

卵万個分だろうか?と想像してしまいました。

 
さらに、カラオケのリクエスト曲は
模造紙に「あいうえお順」に
手書きで書いてあり、そこから選ぶのです。

選ぶと、なんと透明のOHP用紙
(何十年かぶりに見た)に、
これまた手書きで歌詞と
ギターコードが書いてあり、
これを骨董品のOHP機械の上に置き、
スクリーンに映し出し演奏とカラオケ。
すごい。

キーボードを弾いている70代ご婦人の
と目が合うと私に歌えと暗黙の司令。

太陽がくれた季節(青い三角定規)
ふれあい(中村雅俊)
岬めぐり(山本コウタローとウィークエンドの
ファーストシングル)

を伊藤は熱唱しました。

 
すると私の隣に座っていた
60代ご婦人から「11月15日に
マジックと歌マネのイベントを
行うので来てほしい」とチラシと
名刺を渡されたのです。

名刺には 腹話術師 くろ・みき と
書いてあり、人形といっしょに
お写真が写っています。

こちらも負けじと
11/17(土) 熱海自然の郷コンサート
チラシを渡すと、来てくれると言い、
後で連絡がほしいと仰る。

翌週月曜日
腹話術のくろ・みきさんに電話。
翌日の火曜日に熱海のジョナサンで
お会いすると、熱海市役所で
月に3回うたごえ活動をされている
とのことでした。

そこで、11月17日のミニコンサートを
紹介してくれると。

翌日の水曜日「うたごえ」に行ってみると
40人強の70才前後の当時の若者達が
エレキギターに合わせてカラオケ状態。

すると突然、くろ・みきさんから
11月17日のミニコンサートの紹介を
せよと指名され、40人を前に
プレゼンテーションをすることに。

さらに私の隣に座っていた60代のご婦人が
「今年の8月に熱海に
引っ越して来たんですよ」と
話しかけてくれました。

ご主人が釣り好きで熱海に
引っ越したが、自分は熱海には
友達がいないので、初めてここに
来てみたそうです。

11月17日のコンサートにお誘いすると、
友達になりたいので来てくれるとのお返事。

帰り際、少なくとも4名が
参加表明してくれていると
腹話術くろ・みきさんからのご報告。

熱海市役所を出て歩き出すと、
知らないご婦人が高級車の中から
私に手をふっている。

多分、うたごえにいた人だと思うが・・・・

自分は何をやっているのかと
自問しながら、団塊世代のパワーの
すごさに圧倒された濃い数日間でした。

11月17日は、40人ぐらいの参加で
やっと収支トントンです。

これを読んでいる方、
できれば11月17日熱海に来てください!
景色と温泉は最高です。

 
 
ご参加頂ける方は、
コンサート参加登録フォーム
からご入力下さるか、
concert@jjc.sakura.ne.jp まで、ご連絡ください。

会場の近く徒歩3分のところに、
リーズナブルなおすすめの
森の温泉ホテルがあり、
前泊・後泊もできます。

別荘地を降りたところには、来宮神社

 
近くには、MOA美術館があります。

当日は、JJC 茶遊庵のご協力で
コンサート前に本格的なお抹茶と
干菓子でほっと一息して頂き、
コンサートの後の第2部では、
地酒の試飲会を予定しています。

こちらも茶遊庵監修の八寸を
お楽しみ頂く予定です。

もちろん、ソフトドリンクも
ご準備していますのでご安心ください。

これを読んでいる方、
できれば11月17日熱海に来てください!

準備の都合上、ご参加者と
人数を把握しておきたいため
ご参加頂ける方は、
コンサート参加登録フォーム
からご入力下さるか、
concert@jjc.sakura.ne.jp まで、ご連絡ください。

皆様、読んでくださってありがとうございました!

伊藤 誠
人生設計実現パートナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です