[感想2] 成長(2)老化という迷信(自己限定)からの解放

伊藤礼子さま 皆々さま

初めまして。JJCコンサートのピアノ引き、もとい、ピアノ弾き・川本です。今後とも、よろしくお願い申し上げます。

わたくしも、ハッと気が付きましたら古希を越えておりまして、アタシャナニヲシテイルノダと焦ってみても、如何ともし難いですね、人間は。
ただ一つ、音楽の道だけは、王道ではなくても、どぶ板の上ぐらいは(よく噺家がマクラで、士農工商について話す時、侍は道の真ん中、だんだん端っこになると商人、噺家なんざー、どこにも属さないのでどぶ板の上を、と表現したのですね)、歩いていきたいと、思っております。
さて、伊藤礼子さんからの、お問いかけですが、あっ、伊藤さんは、JJCコンサートのプリマドンナsのお一人、すゞやかな美しいお声をお持ちの方です。
その伊藤さんからのお問いかけですので、わたくしも、ちょっと書いてみます。
若さとは、生物的年齢が10台の若者でも、老人のような考え、身体の人がいるように、何をもって、若い、歳とっているというのでしょう。
要は、「生き生きしている」ことではないかな、と考えます。
嗚呼!ミッシヤ・マイスキー、初めてNHK・TVに登場した時のことを忘れることはできません。
あの旧ソ連で、投獄され、当然チェロは取り上げられ、しかし釈放後、あれだけの演奏をするのですから、……嗚呼、今日もさらわなければ、投獄されていないのですから(T_T)。(否、別の牢獄に繋がれているかも…、オー、コワ!)
マイスキーの奏する一音々々は……、とてもわたくしの拙い文章力では、表すことはできません。その音楽は、心にしみわたりました。
また、わたくしが経験したことを一つ、書きます。
わたくしの本業はオーボエなのですが、生徒のホームレッスンの時のことです。
ある一人の女子高校生(中学3年生だったかも?)の、アルビノーニのオーボエコンチェルトをレッスンしていた時のことです。
その生徒の演奏が、前回のレッスンから急に上手くなったので、びっくりしたのです。
その後、その生徒のお母さんからTELがあり、夫と離婚したとのこと、つまり、お父さんが家から出て行かれた……泣けました。
若くても、意識しなくても、百の練習をしなくても、その不幸を、一音々々に替えて吹いていたのですね。
若かったから、できたのかもしれませんね。
なんだかんだ書きましたが、当コンサートは、アマ・プロ、老若男女、人種国籍は関係ございませんので、是非コンサートにお出かけ下さいませ。
お後が、よろしいようで。

【JJC通信】成長(2)老化という迷信(自己限定)からの解放 

JJC運営パートナーの伊藤礼子です。


世の多くの人々が「常識」と思って
信じていることが実は一つの迷信で
あることがある。


自分の才能を開花させたいと願う人々は
多いがその願い通り、自分の中に
眠る才能を開花させる人が少ないのは、
そういった迷信によって、無意識に
「自己限定」をしてしまうからだ。


田坂広志さんがそのいくつかの
著作の中で主張され、こんな
エピソードを紹介されています。

***
あるテレビ番組で、世界的なチェロ奏者、
ミッシャ・マイスキーが子供たちに
音楽を教えていました。


その番組の中で、マイスキーは、
子供たちに一つのクイズを出しました。


バッハの無伴奏チェロ組曲の
同じ曲について、三人のチェロ奏者の
演奏を聴かせ、誰が最も若い年齢の
演奏者で、誰が最も歳を取った
演奏者かを、当てさせたのです。


このクイズの結果は、静かな驚きを
禁じ得ないものでした。


子供たち全員が、
「最も歳をとった演奏者」と
感じたのは、実は、若い頃の
マイスキーの演奏でした。


そして、「最も若い年齢の演奏者」と
感じたのが、それから16年の歳月を経た、
最近のマイスキーの演奏でした。



伸びやかに、軽やかに、その精神の
若々しさを感じさせる演奏は、
ソビエト抑留の苦難の歳月を経て、
年輪を重ねたマイスキーのものでした。
(田坂広志著「叡智の風 (Zen Wind)」より)
***

人は、歳を取ると、精神の若さと
瑞々しさを失っていく


という、世の人々が「常識」と
思って信じている「迷信」。


人は、永き歳月を歩み、
人生の苦難を乗り越えていくほどに
精神は、若く瑞々しくなっていく


という、二一世紀の「新たな常識」。


あなたご自身はどちらを信じて
いらっしゃいますか?


私たちの才能や可能性の開花を
妨げているのは、実は


「男性は、細やかさに欠けている」
「女性は、論理的に考える力が弱い」
「老人は、創造性を失う」
「若者は、思慮が浅い」
「日本人は、個性の表現が弱い」


といった「迷信」とも呼ぶべき
「思い込み」であり、それによる
無意識の「自己限定」に他ならない。


という田坂さんの警告に、私は
「我が意を得たり」と膝を叩いています。


充実人生を謳歌する私たちは
老化という「迷信」による
「自己限定」の鎖から解き放たれ、
自らの中に眠る素晴らしい可能性を
開花させると共に「新たな常識」の
時代の到来を身を以て伝え表現して
いきたいですね!


伊藤礼子
充実人生クラブ

【JJC通信】充実人生のお金と心と体 vol.2 

JJC運営パートナーの伊藤誠です。


私の職業はファイナンシャルプランナーです。


ご相談者から


「将来 介護施設にお世話になるかも
しれないが、いくら準備すれば良いか」
と聞かれます。


この点について今回書いてみたいと
思います。


今回は体のお話です。


自分が子供のころ50才を過ぎた人は
おじいちゃん・おばあちゃんだった
ような気がします。


昔は「人生50年」といわれた時代ですが、
今の日本は100才以上の方が
7万人を超え、その方たちから見れば
「50才」など、はなたれ小僧のような
ものでしょう。



カミソリシュート平松政次氏の現役時代

しかし、50才はまさに
「人生の折り返し地点」で体のあちこちに、
老化がはじまるそうです。
(白髪、抜け毛、シワ、頻尿、
老眼、息切れ・・・・・・)


1947年、今から70年前の日本の
平均寿命は男性50才、女性54才でした。


ほんの昔であれば、伊藤 誠は
既に死んでいます。(北斗の拳より)


死ぬ前に、妻に感謝し、いい人生だったと
思って目を閉じていたでしょうか。


現在の日本の平均寿命は
男性81才、女性87才です。


たった70年間の間に寿命が30年以上
延びたのです。


ですので、現在の高齢者は自分が
こんなに長生きするとは想像も
つかなかったでしょう。


ゆえに、体と気持ちの準備を
していないとしても、ある意味
仕方がないと私は思います。


ですが、現在は90才以上生きる
事実を皆知っています。


まだ自分が50才以下なのに、
「将来 介護施設にお世話になるかも
しれないが、いくら準備すれば良いか」
という発想をなぜするのでしょうか。


私なら「将来 介護施設にお世話に
ならないためにはどうすれば良いだろう」
という発想をし、調べ 実行します。



今年野球殿堂入りした平松政次氏(69歳)

そこで、私は
「将来 介護施設にお世話になるかも
しれないが、いくら準備すれば良いか」
と聞かれると


「将来 介護施設に使うお金を、
介護施設にお世話にならいよう、
お金と体を使ってください」
と私は答えます。

それでは、どうすれば「将来 介護施設に
お世話にならない」のでしょうか。


「50才からの老いない体のつくり方」
の著者で医学博士の石原結實先生
(伊豆にヒポクラティック・サナトリウムがあり、
2年前に夫婦で断食を2泊3日でおこない、
直接石原先生ともお話ができました)
の本から、私がとても参考になったことを、
次回のメルマガ配信でいくつか
ご紹介したいと思います。


「目指すのは、長寿ではなく、健康長寿」
石原先生の著書より。


伊藤 誠
人生設計実現パートナー


 

【JJC通信】充実人生のお金と心と体 vol.1 

JJC運営パートナーの伊藤誠です。


私の職業はファイナンシャルプランナーです。


よく「いくらお金を持っていれば良いか」
と聞かれますので、この点について
今回書いてみたいと思います。


今回はお金のお話です。



これは、以外と簡単で結論は65才時点で
いくら持っていれば良いかを計算することです。
人により、答えが大きく異なります。


まず大事なことは


・我が家が65才からいくら年金を
受給できるかを知ることです。


おおよそで言えば20才から40年間
国民年金に加入する人は年間で
80万円の受給になります。


20才から40年間厚生年金(会社員)に
加入する人はおおよそ年間で
180万円の受給になるでしょう。


そこで、モデルケースとして


1. 夫婦で年間180万円受給する世帯
2. 夫婦で年間240万円受給する世帯


を例にとって計算してみます。


前提は


・90才まで生きる(ちなみに日本人の
女性は2人に1人は90才を超えるという
統計結果がでています)


・月に使うお金は夫婦2人で30万円と
仮定します(これは標準的な金額です。
生きるための最低衣食住等は月に16万円+
夫婦2人のおこずかい その他が14万円と
考えてください)


1. 夫婦で年間180万円受給する世帯は
月に直すと月15万円となります。


ということは月30万円使うと15-30で
15万円の赤字になります。


この15万円の赤字が65才から90才まで続くと
15万円×12ヶ月×25年=4500万円


ということで、65才時点で4500万円
持ってなければなりません。


2. 夫婦で年間240万円受給する世帯は
月に直すと月20万円となります。


ということは月30万円使うと20-30で
10万円の赤字になります。


この10万円の赤字が65才から90才まで続くと
10万円×12ヶ月×25年=3000万円
ということで、65才時点で3000万円
持ってなければなりません。


ところが
2. 夫婦で年間240万円受給する世帯が
月20万しか使わないとすると、65才時点で
貯金は0でも良いということになります。


しかし、これではほとんど遊びにいけないし、
外食もできないし、孫におこずかいを
あげられないかもしれません。



いかがでしょうか。


もう一つ大事なことがあります。


この計算には65才以降家賃や
住宅ローンの支払いがないことが
前提となっています。


みなさんは、65才以降の年金受給はいくらで、
月ご夫婦でいくら使われるでしょうか。


伊藤 誠
人生設計実現パートナー